Please reload

最新情報  What's New

令和元年12月歌舞伎公演「近江源氏先陣館―盛綱陣屋―」「蝙蝠の安さん」2019年12月4日(水)~26日(木)

1/4
Please reload

ライブ情報

2018/11/23(金祝)19:15「野澤松也 創作浄瑠璃弾き語り 第32回 築地チャリティライブ」

October 9, 2018

野澤松也 創作浄瑠璃弾き語り 第32回 築地チャリティライブ
The 32nd Matsuya Nozawa's, Hikigatari ( sing and play shamisen ) live concert “Creative Joruri“ in Tsukiji,Tokyo city.

⭐️❗️野澤輝也(のざわてるや)築地ライブ 初お目見え❗️⭐️

 
<演目>
①創作浄瑠璃「債務姫竹取翁譚」
    (さいむひめたけとりおきなものがたり)
     弾き語り:野澤松也
      箏  :長田悠貴能
②古典『猩々』(しょうじょう)
     弾き語り:野澤松也
     ツレ弾き:野澤輝也(初お目見え✨)
     お囃子入り

⭐️その他に、三味線のお話、浄瑠璃のお話、歌舞伎のお話、等

日程 :2018年11月23日(金祝)
時間 :19:15〜20:45 
会場 : 築地社会教育会館 第3和室       
住所 : 東京都中央区築地 4-15-1    
    日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」6番出口徒歩5分
都営大江戸線「築地市場駅」A1番出口徒歩5分
会費:事前振込 3,000円 (お茶代含む)
   当日受付 3.500円
  ★中学生〜大学生 半額、小学生以下 無料

イベントページ→ https://www.facebook.com/events/170844873802021/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<お振込先>
口座名:三味似粋人JAPAN(シャミニスト ジャパン)
ゆうちょ銀行→記号:10110  番号:80245921
★他銀行から振込みの場合
 店名:〇一八(ゼロイチハチ) 普通預金 口座番号:8024592

前売り券はこちらでも→ https://peatix.com/event/448147
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「野澤松也 創作浄瑠璃 弾き語りチャリティライブ in 築地」は、京都文化力プロジェクト実行委員会から「beyond 2020」に認証されています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
三味似粋人JAPAN(シャミニスト ジャパン)の
キャッチフレーズは「日本の伝統文化は地球を救う!」
Japanese traditional culture save the earth !!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国立劇場や歌舞伎座などで活躍する、歌舞伎義太夫三味線方で重要無形文化財総合指定保持者でもある、野澤松也の、歌舞伎や文楽に欠かせない三味線伴奏による“語り物”音楽「浄瑠璃」の世界を、この機会に是非ご堪能ください。
野澤松也の魅力ある、わかり易く楽しいトークもお楽しみに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
🌸東日本大震災の復興支援「2度と散らない ねがい桜」に協力し岩手県陸前高田市 普門寺へ奉納させて頂きます。ご支援、ご協力、どうぞ宜しくお願い申し上げます🌸

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<お問い合わせ・お申し込み>
主催:三味似粋人JAPAN(シャミニスト ジャパン)担当:工藤典子
共催:新★日本橋きもの倶楽部
TEL:090-4136-1798   MAIL:noriko.kudo.sp12@gmail.com
又は、三味似粋人JAPAN、日本橋きもの倶楽部のFacebookページからメッセージでお問い合わせください

野澤松也 公式サイト https://www.matsuyanozawa.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
野澤松也(1955年 広島県生れ)
歌舞伎義太夫三味線奏者
重要無形文化財総合指定保持者
1974年 国立劇場第1期文楽研修終了。野澤松之輔の内弟子となる。同年4月、国立劇場文楽公演で初舞台。1979年より歌舞伎の三味線方として現在に至る。「児雷也豪傑譚話」「NINAGAWA十二夜」他を作曲。 2004年「創作浄瑠璃の会」設立。2016年「三味似粋人JAPAN」設立。
松竹歌舞伎で舞台を務める傍ら、ライフワークとして、昔話や民話、土地に伝わる話等を浄瑠璃風にアレンジした作品に作曲し、弾き語りで伝えている。
<創作浄瑠璃作品>
『広島咲希望花カンナ』『友情泣赤鬼物語』『送り拍子木』『降積雪六傘地蔵』『役者演閻魔大王、『送提灯』『天晴桃乃鬼退治』『灯無蕎麦屋』『暴猿子蟹仇討譚』『おいてけ掘』『白狗心繋花咲翁』『暴猿子蟹仇討譚』『落葉なき椎』『片葉の葦』『人間椅子』『人情一文笛』『権狐情栗譚』『足洗ひ屋敷』『七夕巡逢瀬星祭』他
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Matsuya Nozawa
Kabuki Gidayu shamisen performer . As Takemoto renchu (Takemoto company). 
Preservers of Important Intangible Cultural Properties by Minister of Japan.
He plays shamisen enthusiastically for Shochiku Kabuki .
As his lifework , he composes Joruri music from the old stories, folk ones and sometimes arranges current music in Joruri style. Those activities must make people feel familiar with “Shamisen & Joruri” he believes. Actually his passion is really accepted widely from elementary school students to adults not only in Japan but abroad.

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア